2019/06/23

STI NBR CHALLENGE 2019

トラブルもなく完璧なレース展開で SP3T クラスで見事2連覇を果たした STI(SUBARU WRX STI)。連覇もさることながら,総合で19位(決勝レース158台中)というのは本当にすごいことです涙。
 
ドライバーやメカニック,サポートメンバーはもちろん,クルマを作り上げた協力企業を含め,STI NBR CHALLENGE 2019 に携わったすべての人たちのチームとして勝利です。すばらしい。スバルらしい。
 


マッチこと近藤真彦監督は KONDOレーシングを立ち上げて20年目の今年,Nissan GT-R Nismo GT3 を駆って,ニュル初参戦でなんと総合10位(SP9 10位)というのも すごいですよね。メカニックは日産自動車大学校の生徒たちなんですよ。

KONDO RACING TEAM
http://matchy.co.jp/nurburgring
日産大学校
https://www.nissan-gakuen.ac.jp/


TOYOTA GAZOO Racing(TOYOTA GR SUPRA)で最終ドライバーを務めた Morizo 選手(トヨタ自動車社長 豊田章男氏)もまたすごい!結果は総合で41位(SP8T 3位)でしたが,GAZOO Racing を立ち上げて,すべてが今日この日のためにあったと言ってもいい,きっとそんな日だったのだと思います。Morizo 選手は今月2-3日に富士スピードウェイで行われたS耐富士24時間レースにも 86 のステアリングを握っていました。トヨタって本当にすごい会社ですね。

TOYOTA GAZOO Racing 
https://toyotagazooracing.com/jp/

2019/06/21

STI NBR CHALLENGE 2019

CHECK THIS OUT!!

Subaru Motorcycle Magazine 
https://www.subaru-msm.com/

いよいよ始まります,ニュルブルクリンク24時間レース。今年で12回目の参戦となる STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)は,今年も 2.0リットル以下・ターボ搭載車のクラス「SP3T」で,昨年に引き6度目のクラス優勝を目指します。

ドイツ・ニュルブルクリンク・サーキットは,一周約25km,高低差約300mと起伏が激しく,天候も刻々と変化する世界一過酷と言われるコースで,水平対向エンジンとシンメトリカルAWDの基本レイアウトを活かして今年も闘いに挑みます。


ベース車はわが愛車 SUBARU WRX STI


 
 

2019/06/18

今宵の一杯

Charlie Chaplin Cocktail

ゴードン・スロージン(Gordon's Sloe Gin)は,スローベリー(西洋すもも,Sloe Berry)をジンに漬け込んで,食前酒や薬酒として親しまれているイギリス産リキュールです。伝統的にイギリスの各家庭でも,ちょうど日本の梅酒のように作られています。

今宵の一杯は,このスロージンをベースにした『チャーリー・チャップリン・カクテル」。スロージンに,オランダ産アプリコットブランデーとフレッシュ・レモンジュースを SHAKEして調製した,華やかな香りと甘酸っぱい味わいのロングカクテルです。

大人の方はいつかどこかでどうぞ。あっ,高校生にはまだまだですが,いつか大人になってカクテルを一番おいしく楽しめる方法は,「今」というこのかげがえのない時を,精一杯に青春することですよ。Good luck.