2020/07/31

2020/07/23

競泳 池江璃花子選手 メッセージ

2020年7月24日。
24 July 2020

東京,国立競技場。
Olypmic Stadium.

本当なら,この場所で世界中から集まったアスリートと,
6万人を超える大観衆が,
燃えさかる聖火を見上げているはずだった。
Athelets from all over the world
should be here alongside sixty thousand spectators, 
gazing up at the Olympic flame.

ある日,突然,未来は変わる。
Suddenly, everything changed.

今まで当たり前だと思っていた未来は,一夜にして
別世界のように変わる。
The future that we took for granted transformed, overnight,
into something completely different.

それは,私も大きな病気をしたからよく分かる。
I understand what that's like, because I experienced the same thing
when I had a life-threatening illness.

人と会うこと。
Meeting people.

外を歩くこと。
Walking outside.

プールの中で全身を使って泳ぐこと。
Using my entire body to swim in the pool.

その全てが,こんなにも愛おしく,こんなにも幸せだったなんて,
病気の前は気づいていなかった。
These simple pleasures are all so precious,
yet before my illness I took them for granted.

2020年という目標が急になくなった他のアスリート達も同じ気持ちなんだと思う。
The other athletes who lost Tokyo 2020 must feel the same.
The goal they'd been working toward suddenly disappeared.

オリンピックやパラリンピックのような,大きな大会に出るアスリートにとって,
練習やプレッシャーは相当にキツい。 
For an olympic or Paralympic level athlete,
the training is extremely demanding
and the mental pressure is intense.

正直,逃げ出したいこともある。
There are days when you want to run away from it all.

でもそれがなくなって初めて,
ああ,やっぱり自分はどうしようもなく,このスポーツが好きなんだと,
心の底から思ったはずだ。
But when all of that suddenly disappears, 
you truly appreciate how much it meant to you 
and how much you loved the sport.

私もそうだった。
That's what happened to me.

1年後,
オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら,
どんなに素敵だろうと思う。
Imagine the world in a year:
a world where the curtain is set to rise
on the Olympic and Paralympic Games.

アスリート達は,その未来を信じて,
今この瞬間も,できるすべての努力をしている。
Right now, athletes around the world
are looking to that future, pushing themselves to the limit.

どんなに小さな努力でも,それが無駄だとは決して思わない。
No effort,
no matter how small, is ever wasted.

スポーツがくれる勇気や人とのつながりは,
本当にかけがえのないものだから。
The confidence that sports inspired,
the human connections it helps us make
are truly irreplaceable.

そして,もう一つ。
One last thing.

スポーツは,決してアスリートだけでできるものではない。
Sports is not just about the athletes.
Sports show us the importance of solidarity.

そのことを忘れないようにしたい。
I never want to forget that.

これからも,感謝と尊敬を胸に,前に進んでいこうと思う。
I want to remember my gratitude and respect
for all those who contribute to their society
as I take my next step.

一人のアスリートとして,一人の人間として。
As an athlete, as a person.


2020/07/19

柳沢峠


R16〜檜原街道〜奥多摩周遊道路〜大菩薩ライン〜柳沢峠〜大菩薩ライン〜奥多摩有料道路(都民の森)〜檜原街道〜日の出IC


2020/07/16

アクリル板の設置から今日でちょうど2週間経ちました。
違和感もなく,安心を得ることができたと思います。
引き続き,できうる限りの対策を講じていきたいと思います。