2019/08/18

Loved to be out here in this park, walking 0.5 km, jogging 3 km, walking 0.5 km, jogging 2 km, walking 0.5 km, jogging 1 km, and walking 0.5 km. 
 

2019/08/15

Thanks a lot. 🙏
 

『焼き場に立つ少年』

Joe O'Donnell, who took this photo in Nagasaki in 1945, was a photojournalist sent by the U.S. military to document the damage caused by air raids of fire bombs and atomic bombs.  Years later, he spoke to a Japanese interviewer about this picture below.
 
CROWN English Communication I

“I saw a boy about ten years old walking by. He was carrying a baby on his back. In those days in Japan, we often saw children playing with their little brothers or sisters on their backs, but this boy was clearly different. I could see that he had come to this place for a serious reason. He was wearing noshoes. His face was hard. The little head was tipped back as if the baby were fast asleep”. 

「10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目にとまりました。赤ん坊を背負っていました。その頃の日本では,弟や妹をおんぶして,子どもたちが遊んでいるのをよく見かけましたが,この少年の様子は明らかに違っていました。私には,なにか深刻な理由でこの場所にやってきたのだとわかりました。表情は硬く,靴も履いていませんでした。背中の赤ん坊はぐっすりと眠っているかのように,小さな頭は後ろに倒れていました。」
 
“The boy stood there for five or ten minutes. The men in white masks walked over to him and quietly began to take off the rope that was holding the baby. That is when I saw that the baby was already dead. The men held the body by the hands and feet and placed it on the fire”.
 
「少年はそこに5分か10分たっていました。白いマスクの男たちが少年のところまで歩いてきて,赤ん坊を背負っていたひもを静かにほどき始めました。赤ん坊がすでに死んでいるとわかったのはそのときでした。男たちは遺体の手と足を抱えて,火の上に置きました。」
 
“The boy stood there straight without moving, watching the flames. He was biting his lower lip so hard that it shone with blood. The flame burned low like the sun going down. The boy turned around and walked silently away".
 
少年は,炎を見つめ,身じろぎもせずに真っすぐにそこに立っていました。下唇をとても強く噛んでいたので,少年の下唇は血で赤く光っていました。太陽が沈んでいくかのように,炎の勢いが鎮まると,少年は身を翻し,黙って立ち去っていきました。」

2019/08/14

Dripping with sweat after...

Walking one kilometer, joggin 3 kilometers, walking one kilometer, jogging 2 kilometers, walking one kilometer, jogging 1 kilometer, and walking one kilometer.
 

2019/08/09

長崎平和宣言(抜粋)



原爆は「人の手」によってつくられ,「人の上」に落とされました。だからこそ「人の意志」によって,無くすことができます。そして,その意志が生まれる場所は,間違いなく,私たち一人ひとりの心の中です。

The atomic bombs were built by human hands and exploded over human heads. It follows that nuclear weapons can be eliminated by an act of human will and that the source of that will is, without question, the mind of each huan being.

世界の市民社会の皆さんに呼びかけます。

I call out to civil society throughout the world.

戦争体験や被爆体験を語り継ぎましょう。戦争が何をもたらしたのかを知ることは,平和をつくる大切な第一歩です。

Let us continue to discuss our experiences of war and the atomic bombings and pass the information on to future generations. Knowledge of the horror of war is an important first step to peace.

国を越えて人と人との間に信頼関係をつくり続けましょう。小さな信頼を積み重ねることは,国同士の不信感による戦争を防ぐ力にもなります。

Let us continute to promote trust between people across country borders. The bridges of trust built by individuals will help to prevent the outbreak of war due to national conflicts.

人の痛みがわかることの大切さを子どもたちに伝え続けましょう。それは子どもたちの心に平和の種を植えることになります。

Let us inform our children about the importance of understanding the pain of others. That will sow the seeds of peace in children's hearts.

平和のためにできることはたくさんあります。あきらめずに,そして無関心にならずに,地道に「平和の文化」を育て続けましょう。

There are many things that we can do in the cause of peace. Let us avoid despair and indifference and continue to cultivate a culture of peace.

そして,核兵器はいらない,と声をあげましょう。それは,小さな私たち一人ひとりにできる大きな役割だと思います。

Let us raise our voices and insist that nuclear weapons are unnecessary.

2019/08/07

Long time no see!

Met my classmates at my favorite bar
for the first time in 36 years!!
 

2019/08/06

「父と暮らせば」

父 「おまいはわしによって生かされとる。」

娘 「生かされとる?」

父 「ほうじゃが。ああようなむごい別れが,まこと何万もあったちゅうことを覚えてもらうために,生かされとるんじゃ。人間のかなしいかったこと,たのしいかったこと,それを伝えるんが,おまいの仕事じゃろうが。」

 


「巻頭の言葉」より

あの二個の原子爆弾は,日本人の上に落とされたばかりではなく,人間の存在全体に落とされたものだ。

あのときの被爆者たちは,核の存在から逃れることのできない二十世紀後半の世界中の人間を代表して,地獄の火で焼かれたのだ。

世界六十二億の人間の一人として,あの地獄を知っていながら,「知らないふり」することは,なににもまして罪深いことだと考えるから書くのである。

井上ひさし 作
ロジャー・パルバース 訳

2019/08/05

「全国学力・学習状況調査」

全国の国公立学校と希望する私立学校(参加48.5%)の 小学6年生(104万人)と中学3年生(98万人)を対象に,4月18日に実施された「全国学力・学習状況調査」の結果が7月31日に公表されました。

今回はじめて「英語」の調査も加わりました。下記の英語の技能別正答率のうち「話すこと」については実施生徒数が異なるため参考値としています。

調査問題と正答例,解説資料
https://www.nier.go.jp/19chousa/19chousa.htm

正答率(全国,埼玉県,さいたま市)

小学校(新6年生)
国語(64.0%,64.0%,67.0%)
算数(66.7%,66.0%,69.0%)

中学校(新3年生)
国語(73.2%,73.0%,76.0%)
数学(60.3%,59.0%,63.0%)
英語(56.5%,56.0%,62.0%) 

英語技能別正答率(全国)
聞くこと(68.3%)
読むこと(56.2%)
書くこと(46.4%)
話すこと(30.8%)

2019/07/13

Thank you for being so considerate.

You know what?  I can't actually resist hot chocolate, made especially with soymilk.  Thanks again!
 

2019/07/04

Independence Day




Independence Day
performed and written by Bruce Springsteen

Papa, go to bed now, it's getting late
Nothing we can say is gonna change anything now
I'll be leaving in the morning from St. Mary's Gate
We wouldn't change this thing even if we could somehow

'Cause the darkness of this house has got the best of us
There's a darkness in this town that's got us too
They can't touch me now and you can't touch me now
They ain't gonna do to me what I watched them do to you

So, say goodbye, it's Independence Day
It's Independence Day all down the line
Say goodbye, it's Independence Day
It's Independence Day for me this time

I don't know just what it always was with us
We chose the words and yeah, we drew the lines
There was just no way this house could hold the two of us
I guess that we were just too much of the same kind

Well, say goodbye, it's Independence Day
All boys must run away, come Independence Day
Say goodbye, it's Independence Day
All men must make their way, come Independence Day

Now the rooms are all empty down at Frankie's joint
And the highway she's deserted, clear down to Breaker's Point
There's a lot of people leaving town now
Leaving their friends and homes
At night they walk that dark and dusty highway all alone

Papa, go to bed now, it's getting late
Nothing we can say is gonna change anything now
Because there's just different people coming down here now
And they see things in different ways
And soon everything we've known will just be swept away

So, say goodbye, it's Independence Day
Papa, now I know the things you wanted that you could not say
But won't you just say goodbye? It's Independence Day
I swear I never meant to take those things away


この曲は,独立記念日に父との確執から,父と故郷に別れを告げ自分の独立を決めていくという歌である。されどその裏には,父と故郷への強烈な愛情を感じとることができる実に切ない歌である。

アメリカ独立記念日の今日7月4日,久しぶりにこの曲を聴いてみたくなった。数日前からブルーススプリングスティーンのことが,なぜかふと頭に浮かんでいたのは,今日のこの日のこの曲のためだったのだと思う(いやほんとに)。

高校生の頃よく聴いていた The River に収録されていた。そして僕がアメリカにいる頃に発売された Live album にも収録されていた。同じ曲でも,時や場所,環境が違うと,また違った感慨を覚えて,泣けた。

その時々の今の自分と語り合うことができる,これは今も昔も変わらない音楽の力なのだろう。


2019/06/23

STI NBR CHALLENGE 2019

トラブルもなく完璧なレース展開で SP3T クラスで見事2連覇を果たした STI(SUBARU WRX STI)。連覇もさることながら,総合で19位(決勝レース158台中)というのは本当にすごいことです涙。
 
ドライバーやメカニック,サポートメンバーはもちろん,クルマを作り上げた協力企業を含め,STI NBR CHALLENGE 2019 に携わったすべての人たちのチームとして勝利です。すばらしい。スバルらしい。
 


マッチこと近藤真彦監督は KONDOレーシングを立ち上げて20年目の今年,Nissan GT-R Nismo GT3 を駆って,ニュル初参戦でなんと総合10位(SP9 10位)というのも すごいですよね。メカニックは日産自動車大学校の生徒たちなんですよ。

KONDO RACING TEAM
http://matchy.co.jp/nurburgring
日産大学校
https://www.nissan-gakuen.ac.jp/


TOYOTA GAZOO Racing(TOYOTA GR SUPRA)で最終ドライバーを務めた Morizo 選手(トヨタ自動車社長 豊田章男氏)もまたすごい!結果は総合で41位(SP8T 3位)でしたが,GAZOO Racing を立ち上げて,すべてが今日この日のためにあったと言ってもいい,きっとそんな日だったのだと思います。Morizo 選手は今月2-3日に富士スピードウェイで行われたS耐富士24時間レースにも 86 のステアリングを握っていました。トヨタって本当にすごい会社ですね。

TOYOTA GAZOO Racing 
https://toyotagazooracing.com/jp/

2019/06/21

STI NBR CHALLENGE 2019

CHECK THIS OUT!!

Subaru Motorcycle Magazine 
https://www.subaru-msm.com/

いよいよ始まります,ニュルブルクリンク24時間レース。今年で12回目の参戦となる STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)は,今年も 2.0リットル以下・ターボ搭載車のクラス「SP3T」で,昨年に引き6度目のクラス優勝を目指します。

ドイツ・ニュルブルクリンク・サーキットは,一周約25km,高低差約300mと起伏が激しく,天候も刻々と変化する世界一過酷と言われるコースで,水平対向エンジンとシンメトリカルAWDの基本レイアウトを活かして今年も闘いに挑みます。


ベース車はわが愛車 SUBARU WRX STI


 
 

2019/06/18

今宵の一杯

Charlie Chaplin Cocktail

ゴードン・スロージン(Gordon's Sloe Gin)は,スローベリー(西洋すもも,Sloe Berry)をジンに漬け込んで,食前酒や薬酒として親しまれているイギリス産リキュールです。伝統的にイギリスの各家庭でも,ちょうど日本の梅酒のように作られています。

今宵の一杯は,このスロージンをベースにした『チャーリー・チャップリン・カクテル」。スロージンに,オランダ産アプリコットブランデーとフレッシュ・レモンジュースを SHAKEして調製した,華やかな香りと甘酸っぱい味わいのロングカクテルです。

大人の方はいつかどこかでどうぞ。あっ,高校生にはまだまだですが,いつか大人になってカクテルを一番おいしく楽しめる方法は,「今」というこのかげがえのない時を,精一杯に青春することですよ。Good luck.


2019/05/26

Theresa May's resignation Speech

【備忘録】会見の最後ではこちらもグッときてしまいました。


BBC News Japan

Ever since I first stepped through the door behind me as prime minister, I have striven to make the United Kingdom a country that works not just for a privileged few, bur for everyone.

And to honor the result of the E.U. referendum.

Back in 2016, we gave the British people a choice.

Against all predictions, the British people voted to leave the European Union.

I feel as certain today as I did three years ago that in a democracy, if you give people a choice you have a duty to implement what they decide.

I have done my best to do that.

I negotiated the terms of our exit and a new relationship with our closest neighbbors that protects jobs, our security and our union.

I have done everything I can to convince M.P.s to back that deal.

Sadly, I have not been able to do so.

I tried three times.

I believe it was right to persevere, even when the odds against success seemed high.

But it is now clear to me that it is in the best interests of the country for a new prime minister to lead that effort.

So I am today announcing that I will resign as leader of the Conservative and Unionist Party on Friday, 7 June, so that a successor can be chosen.

I have agreed with the party chairman and with the chairman of the 1922 Committee that the process for electing a new leader should begin in the following week.

I have kept Her Majesty the Queen fully informed of my intentions, and I will continue to serve as her prime minister until the process has concluded.

It is, and will always remain, a matter of deep regret to me that I have not been able to deliver Brexit.

It will be for my successor to seek a way forward that honors the result of the referendum.

To succeed, he or she will have to find consensus in Parliament where I have not.
 
Such a consensus can only be reached if those on all sides of the debate are willing to compromise.
 
For many years the great humanitarian Sir Nicholas Winton, who saved the lives of hundreds of children by arranging their evacuation from Nazi-occupied Czechoslovakia through the Kindertransport, was my constituent in Maidenhead.

At another time of political controversy, a few years before his death, he took me to one side at a local event and gave me a piece of advice.
 
He said, "Never forget that compromise is not a dirty word. Life depends on compromise."
 
He was right.
 
As we strive to find the compromises we need in our politics-whether to deliver Brexit, or to restore devolved government in Northern Ireland-we must remember what brought us here.
 
Because the referendum was not just a call to leave the E.U. but for profound change in our country.
 
A call to make the United Kingdom a country that truly works for everyone.
 
I am proud of the progress we have made over the last three years.

We have completed the work that David Cameron and George Osborne started: The deficit is almost eliminated, our national debt is falling and we are bringing an end to austerity.
 
My focus has been on ensuring that the good jobs of the future will be created in communities across the whole country, not just in London and the southeast, through our Modern Industrial Strategy.
 
We have helped more people than ever enjoy the security of a job.
 
We are building more homes and helping first-time buyers onto the housing ladder-so young people can enjoy the opportunities their parents did.
 
And we are protecting the environment, eliminating plastic waste, tackling climate change and improving air quality.

This is what a decent, moderate and patriotic Conservative government, on the common ground of British politics, can achieve, even as we tackle the biggest peacetime challenge any government has faced.
 
I know that the Conservative Party can renew itself in the years ahead, that we can deliver Brexit and serve the British people with policies inspired by our values: security, freedom and opportunity.
 
Those values have guided me throughout my career.
 
But the unique privilege of this office is to use this platform to give a voice to the voiceless, to fight the burning injustices that still scar our society.
 
That is why I put proper funding for mental health at the heart of our N.H.S. long-term plan.

It is why I am ending the post code lottery for survivors of domestic abuse.
 
It is why the Race Disparity Audit and gender pay reporting are shining a light on inequality, so it has nowhere to hide.
 
And it is why I set up the independent public inquiry into the tragedy at Grenfell Tower-to search for the truth, so nothing like it can ever happen again, and so the people who lost their lives that night are never forgotten.
 
Because this coutry is a Union.
 
Not just a family of four nations.
 
But a union of people-all of us.
 
Whatever our background, the color of our skin, or who we love.
 
We stand together.

And together we have a great future.
 
Our politics may be under strain, but there is so much that is good about this country. So much to be proud of. So much to be optimistic about.
 
I will shortly leave the job that it has been the honor of my life to hold-the second female prime minister but certainly not the last.
 
I do so with no ill will, but with enormous and enduring gratitude to have had the opportunity to serve the country I love.涙

 

2019/05/23

世界は英語で読んでいる

『相田みつを 作品集 いま ここ』より
 

You know something
It's not really a matter of having
To make a huge effort
It's simply a matter of making yourself move


ともかく具体的に動く。

具体的に動けば
具体的な答えが出るから。

期待通りの答えが
でるかどうかは別として。

具体的に動けば
必ず具体的な答えが出る。

そして-
動くのは自分。

by 相田みつを


2019/05/12

 
皆さんが,学校や職場で健(すこ)やかに康(やす)らかに日々過ごせますようお祈りしてきました。
 
 

2019/05/09


ゴールデンウィークを利用して,韓国に旅行されてきた塾生の方から,ほかの塾生のみなさんへと,おみやげをいただきました。

塾生同志はふだん顔を見ることはないけれど,同じ課題に取り組む者として,共感し,同志のように感じてくれているのかもしれません。ありがたく,とてもうれしく思います。

一方,ゴールデンウィーク期間中に設定した追加レッスンの特別枠には,5日間15枠中,13枠の申し込みがあり,一つでも前に!淡々とレッスンを進めていった人たちもいます。
 
毎日のように部活動や大会などに汗をながしていた人,家族旅行や趣味に余暇を楽しんだ人もいました。また,何もせずに「あっという間に」連休が終わってしまったという人もいましたが,それもまた青春か。

平成から令和へ,それぞれの新時代の幕開けです。

 

2019/05/08

世界は英語で読んでいる

相田みつを 「道」より
 
 
the way
 
somewhere in our long life
there is a path that we have to take
however hard we try to avoid
 
at that time,
all one can do is remain silent and walk the path
neither complaining nor whining
 
walk without saying anything
just remain silent
and never show your tears
 
it is then,
as human beings,
that the roots of our souls grow deeper
 
 
一口メモ(高校初出のみ,♠ はチャート式の参照箇所)
 
however:「複合関係副詞」(♠294)で譲歩を表す副詞節を導く。「どんなに~しても」。譲歩を表す場合は〈however+形容詞/副詞〉の形で使われることが多い。
complainingwhining:「分詞構文」(♠226)で walk と同時に行なわれていること(付帯状況)を表している。
neither A or B:「AもBもない」という意味の「等位相関接続詞」(♠394) cf. both A and B, either A or B, not only A but also B
❑ never+動詞の原形:「否定の命令文」(♠27)
❑ it is ~ that ...:「強調構文」(♠346)
 
 

2019/05/05

2019/05/01

天皇陛下 最初のおことば

位後朝見の儀にて

日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより,ここに皇位を継承しました。
 
この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。
 
顧みれば,上皇陛下には御即位より,三十年以上の長きにわたり,世界の平和と国民の幸せを願われ,いかなる時も国民と苦楽を共にされながら,その強い御(み)心を御自身のお姿でお示しになりつつ,一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。
 
ここに,皇位を継承するに当たり,上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し,また,歴代の天皇のなさりようを心にとどめ,自己の研鑽(さん)に励むとともに,常に国民を思い,国民に寄り添いながら,憲法にのっとり,日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い,国民の幸せと国の一層の発展,そして世界の平和を切に希望します。

 
Addresses by His Majesty the Emperor
 
I have hereby succeeded to the Throne pursuant to the Constitution of Japan and the Special Measures Law on the Imperial House Law.

When I think about the important responsibility I have assumed, I am filled with a sense of solemnity.

Looking back, His Majesty the Emperor Emeritus, since acceding to the Throne, performed each of his duties in earnest for more than 30 years, while praying for world peace and the happiness of the people, and at all times sharing in the joys and sorrows of the people. He showed profound compassion through his own bearing. I would like to express my heartfelt respect and appreciation of the comportment shown by His Majesty the Emperor Emeritus as the symbol of the State and of the unity of the people of Japan.

In acceding to the Throne, I swear that I will reflect deeply on the course followed by His Majesty the Emperor Emeritus and bear in mind the path trodden by past emperors, and will devote myself to self-improvement. I also swear that I will act according to the Constitution and fulfill my responsibility as the symbol of the State and of the unity of the people of Japan, while always turning my thoughts to the people and standing with them. I sincerely pray for the happiness of the people and the further development of the nation as well as the peace of the world.
 
 
英文解説
宮内庁発表の英文版を,文構造と語彙の意味を確かめながら日本語に訳し直しました。英語から一字一句読み直してみることで,おことばの理解をより一層深めることができます。世界は英文版を読んでいます。

 
①日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより,ここに皇位を継承しました。
 
I have hereby succeeded to the Throne pursuant to the Constitution of Japan and the Special Measures Law on the Imperial House Law.

私は,日本国憲法と皇室典範特例法に従って,ここに皇位を継承しました。

❑ succeed to~:~を継承する
 *succeed in~:~に成功する
❑ pursuant to~:~に従って,応じて
 
②この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。
 
When I think about the important responsibility I have assumed, I am filled with a sense of solemnity.

私は,私が負っている重責を思うと,厳粛な思いでいっぱいになります。

❑ assume responsibility :責任を負う
 
③顧みれば,上皇陛下には御即位より,三十年以上の長きにわたり,世界の平和と国民の幸せを願われ,いかなる時も国民と苦楽を共にされながら,その強い御心を御自身のお姿でお示しになりつつ,一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。
 
Looking back, His Majesty the Emperor Emeritus, since acceding to the Throne, performed each of his duties in earnest for more than 30 years, while praying for world peace and the happiness of the people, and at all times sharing in the joys and sorrows of the people. He showed profound compassion through his own bearing. I would like to express my heartfelt respect and appreciation of the comportment shown by His Majesty the Emperor Emeritus as the symbol of the State and of the unity of the people of Japan.

顧みれば,上皇陛下は,皇位を継承して以来,30年以上の間,世界の平和と国民の幸せを願われ,いかなる時も国民の喜びと悲しみを分かち合いながら,真摯にお努めの一つ一つを遂行しました。 上皇陛下は,御自身のお姿を通して,深い同情の念をお示しになりました。私は,日本国と日本国民統合の象徴としての上皇陛下によってお示になられたお姿に,心からの敬意と感謝の意を表したいと思います。

❑ the Emperor/Empress:天皇/皇后
❑ His/Her Majesty:陛下(天皇/皇后に対する敬称)
❑ Emeritus:名誉職(の)
 *a professor emiritus:名誉教授
❑ His Majesty the Emperor Emiritus:上皇陛下
❑ Her Majesty the Empress Emiritus:上皇后陛下 
❑ accede to the throne:皇位を継承する
❑ perform duty:義務を果たす,お務めを遂行する
❑ in earnest:真摯に
❑ at all times:常に
❑ share in~:~を分かち合う

❑ while は時を表す副詞節を導く接続詞。完全な文が続くところですが主語がありません。ここは「副詞節の主語が主節の主語と一致するとき,副詞節の主語+be動詞は省略される場合が多い」をてがかりに,His Majesty the Emperor Emeritus was の省略を考えます。

❑ bearing:態度, 姿勢,お姿
❑ heartfelt:心からの
❑ express my appreciation for~:for のほうがふつう。
❑ comportment:態度, 振る舞い(bearingの言い換え) 
 
④ここに,皇位を継承するに当たり,上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し,また,歴代の天皇のなさりようを心にとどめ,自己の研鑽に励むとともに,常に国民を思い,国民に寄り添いながら,憲法にのっとり,日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い,国民の幸せと国の一層の発展,そして世界の平和を切に希望します。
 
In acceding to the Throne, I swear that I will reflect deeply on the course followed by His Majesty the Emperor Emeritus and bear in mind the path trodden by past emperors, and will devote myself to self-improvement. I also swear that I will act according to the Constitution and fulfill my responsibility as the symbol of the State and of the unity of the people of Japan, while always turning my thoughts to the people and standing with them. I sincerely pray for the happiness of the people and the further development of the nation as well as the peace of the world.

皇位を継承するに当たり,上皇陛下によってたどられた道筋を深く思いを致し,また,歴代の天皇によって歩まれた道を心にとどめ,自己の研鑽に励むことを誓います。私は,自らの思いを常に国民に向け,国民に寄り添いながら,憲法に従って行動し,日本国と日本国民統合の象徴としての責務を果たすことも誓います。私は,国民の幸せと国の一層の発展,そして世界の平和を切に願います。

❑ reflect on~:~をよく考える,熟考する
❑ bear (~) in mind~:~を覚えておく,心に留めおく,
 = keep (~) in mind~
❑ tread-trod-trodden:(~を)踏む,踏みつける,歩く
❑ the path trodden by~ = the course followed by~
❑ devote oneself to~:~に専念する,打ち込む 
❑ swear:~を誓う
❑ according to~:~に従って,~によれば
 = pursuant to~
❑ fullfill one's responsibility:責任を果たす
❑ sincerely:心から,誠意をもって
 

2019/04/30

中学英語で読み解く 天皇陛下 最後のおことば

退位礼正殿の儀にて

今日(こんにち)をもち,天皇としての務めを終えることになりました。
 
ただ今,国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に,深く謝意を表します。
 
即位から30年,これまでの天皇としての務めを,国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは,幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ,支えてくれた国民に,心から感謝します。
 
明日(あす)から始まる新しい令和の時代が,平和で実り多くあることを,皇后と共に心から願い,ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

 
Remarks by His Majesty the Emperor on the Occasion of the Ceremony of His Abdication at the Seiden (State Hall)

Today, I am concluding my duties as the Emperor.

I would like to offer my deep gratitude to the words just spoken by Prime Minister Shinzo Abe on behalf of the people of Japan.

Since ascending the throne 30 years ago, I have performed my duties as the Emperor with a deep sense of trust in and respect for the people, and I consider myself most fortunate to have been able to do so.  I sincerely thank the people who accepted and supported me in my role as the symbol of the State.

I sincerely wish, together with the Empress, that the Reiwa era, which begins tomorrow, will be a stable and fruitful one, and I pray, with all my heart, for peace and happiness for all the people in Japan and around the world.
 

塾生向け英文解説

塾生にしかわからない言い方がたくさん出てきます。

① 今日をもち,天皇としての務めを終えることになりました

 
Today, I am concluding my duties as the Emperor.

SVO 第3文型。現在進行形(中2) am concluding はここでは「近い未来の予定」を表しています。前置詞句 as~ は〇〇カッコで〇〇句として読むところ。

② ただ今,国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に,深く謝意を表します。

I would like to offer my deep gratitude to the words just spoken by Prime Minister Shinzo Abe on behalf of the people of Japan.

SVO 第3文型。would like に続く to不定詞は〇〇的用法,〇〇カッコ,小さく〇(中2)。offer B to A は「AにBを申し出る,示す」。spokenは〇〇で words を修飾しています(中3)。just は副詞で spoken のほうに矢印→。on behalf of~ は群前置詞(中2)で〇〇カッコ,spoken にかかります。

③ 即位から30年,これまでの天皇としての務めを,国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは,幸せなことでした。

Since ascending the throne 30 years ago, I have performed my duties as the Emperor with a deep sense of trust in and respect for the people, and I consider myself most fortunate to have been able to do so.

SVO and SVOC
ascending は〇〇詞(中2)で,前置詞 since の〇〇語。現在完了形(中3)の表す意味は〇〇で since がその目印になっています。ここでの as~ は〇〇カッコ,with~ は〇〇カッコ,of~ は〇〇カッコと読み進み,さて,and は何と何を結んでいますか(中1)? and の後ろから考えるのでしたね。ここでは,respect for と trusut in で,the people は共通の〇〇語。 for~ と in~ という前置詞句はいずれも〇〇カッコとして読むところ。

consider myself most fortunate は第5文型(中3)。myself は〇〇代名詞と言いましたね(中1)。Cが形容詞の場合,OとCの関係は SC になることを思い出してください。fortunate という「感情」を表す形容詞に続く to不定詞は〇〇的用法,「〇〇」を表しました(中2)。do so (そうする)の so はいわゆる「代用のso」(中2)。日本語の「そう」と同じ音なのは奇跡的?!。

④ 象徴としての私を受け入れ,支えてくれた国民に,心から感謝します。

I sincerely thank the people who accepted and supported me in my role as the symbol of the State.

SVO 第3文型。who は〇〇代名詞(中3),節内においては〇語の役割りをしています。and supported accepted を結び,me は共通の〇〇語。in~,as~,of~ の前置詞句はいずれも〇〇カッコ。

⑤ 明日から始まる新しい令和の時代が,平和で実り多くあることを,皇后と共に心から願い,ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

I sincerely wish, together with the Empress, that the Reiwa era, which begins tomorrow, will be a stable and fruitful one, and I pray, with all my heart, for peace and happiness for all the people in Japan and around the world.

SVO and SV。
together with~(中1)は挿入句。We cook rice and chiken together with spices. がパッと頭に浮かぶことが塾生であることの証。that は〇〇節を導く〇〇詞(中2)で〇〇カッコ,that 節全体が wish の〇〇語になっています。that が〇〇詞である限り,完全な文が続きます。the Reiwa era を主語と考えて,その主語に対する述語動詞は何か?という意識を持つことができれば,関係代名詞節を越えて will be が見つかります。which は〇〇代名詞の〇〇用法(高1)。カンマのない限定用法にすると,おかしな意味になることにピンとこない人は『チャート式』 ♠276 を参照してください。さて,and は何と何を結んでいますか?ここでは形容詞と形容詞,(a) fruitful (one) と (a) stable (one) を結んでいますね。one は〇〇代名詞(中1)。何をうけているかわかりますか?...era ですね。必ず立ち止まって考えるようにしてください。

I pray と読み進み,何を(お祈り,お願いするの)?と考えながら読むクセをつけましょう。文字面をただ読んでいても何のために読んでいるかわかりません。with all my heart という挿入句をはさんで,for~ を見て,「よし!」と思えれば初級レベル。prayfor~ はいわゆる仲良し。for all the people という前置詞句は pray にかかり〇〇カッコ。in~ と around~ という前置詞句が and で結ばれ,〇〇句として people を修飾しています。all my heartall the peopleall という形容詞の語順には注意が必要でした(中1)。



2019/04/24


三春滝桜から裏磐梯へ旅行された塾生の方より,塾生の皆さんへ,おみやげをいただきました。有難うございます。

2019/04/13

This is absolutely awesome!

FRENCH CONNECTION Cocktail

2019/03/22

イチロー引退

永久に語り継がれることになった昨晩の試合を,実際に見に行ったという塾生から今朝,写真を送っていただいた。
 
私,イチローとは年は違いますが同じ誕生日,同じ血液型,だからどうしたというわけではないが,以前からずっと共感を覚えてきましたのよ。
 

“結果を残すために,自分なりに(頑張りを)重ねてきた。人よりも頑張ったとはとても言えないが,自分なりに頑張ってきたとははっきり言える。これを重ねてきて,重ねることでしか,後悔を生まないということはできないのではないか。”

“人よりも頑張ることなんてとてもできない。あくまでも“はかり”は自分の中にある。自分なりに“はかり”を使いながら,自分の限界を見ながら,ちょっと超えていく,ということを繰り返していく。”

“一気に高みに行こうとすると,今の自分の状態とギャップがありすぎて続けられない。だから,地道に進むしかない。”

“「最低50歳まで現役」と表現してこなかったら,ここまでできなかったかもしれない。言葉にして表現することは,目標に近づく1つの方法なのではないかと思っている。”

“孤独を感じて苦しんだことは多々あったが,その体験は未来の自分にとって,大きな支えになるんだろうと思う。だから,つらいこと,しんどいことから逃げたいと思うのは当然のことなんだけど,エネルギーのある元気なときに,それに立ち向かっていくことは,すごく人として重要なことではないかと感じている。”
 
以上,昨晩の引退会見より。

2019/03/18

合格体験記

先日,上智大学の合格報告に来塾してくれたM君から弟を通して手紙をもらった。新2年生になる弟君は2月からM君に代わって通塾している。「なにか後輩の塾生に向けて,体験記のようなものを簡単に書いてほしい」と伝えていた。
 
浦和英語塾の意義や「学び方」をちゃんと理解して取り組んでくれた自立した英語学習者だった。M君の兄も二浪目の宅浪時代に1年間通ってくれた卒塾生だ。第一志望の早稲田大学の英語は合格者平均は超えていたが,他教科でしくじったと言って悔しがっていたが,無事その年の人気ナンバーワンの法政大学に進学を決めていった。
 

浦和英語塾に入塾する前は英語が苦手で,勉強したくない科目でした。意味が分かる単語をつなげても長文の内容を理解することはできませんでした。

レッスンでは,単語の意味はもちろん大切ですが,5文型や修飾関係など文構造を特に意識して学習しています。その後,家でひたすら音読とシャドウイングをして英文を定着させます。

私は,音読は決められた時間内に3回連続で読めるまでやっていました。シャドウイングはスラスラと,かつ頭の中で意味が理解できるように意識してやっていました。

浦和英語塾に来るまでは,まったくやったことのない学習方法に,はじめは不安がありましたが,やっていくうちに予習も自分で考え,次回のレッスンで先生とのレッスンで聞きたい部分が明確になっていきました。

塾のレッスンで使う英文よりも長い英文を読むときも,スラスラと意味も理解できるようになり,驚きと喜びがありました。とても嫌いだった英語が模試や受験では私の得点源になりました。

上智大学は英語ができる人が多い大学で不安がありますが,先生に教わったことを忘れずに,一つ一つ丁寧に前に進んでいきたいと思います。ありがとうございました。

2019/03/17

滝行体験

私,修行がまだまだ足りないので(涙),人生2度目の滝行を体験しに行ってきました。場所は前回(2017.11.17)と同じ,栃木県にある坂東三十三観音第十七番札所,出流山満願寺。毎月17日に行われています。女性の参加者もいました。真言宗智山派の若手僧侶の修業の場にもなっているようです。
 
滝行を通して,うまく言葉にはできませんが,さまざまなことを考えさせられます。また機会があれば参加したいと思います。