2015/11/29

小江戸川越ハーフマラソン2015

皆さんのやさしさに包まれた一日でした。
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

2015/11/21

Like a Prayer (祈りの如く)

パリで起きた同時多発テロ攻撃の翌日に,ストックホルムで開催されたマドンナのコンサートで,彼女が語った約7分間のスピーチを,何度も何度も繰り返し聞き,彼女の声を書き起こしてみました。スピーチの後に歌った "Like A Prayer" には胸が熱くなりました。



So, we've been uh, .. obviously this whole show is about celebrating life, and standing up for your rights, fighting for what you believe in. We, yeah, actually I don't need my guitar for this, because it's been very hard for me to get through the show up to this point, and not forget about what happened last night.

So I need to take this moment to acknowledge the tragedy, the tragic killings, assassinations and the senseless endings of precious life that occurred last night in Paris. I know, it's disturbed me all day, and it's been really hard actually to get through the show, because in many ways, I feel... I feel torn. Like, why am I up here dancing and having fun when people are crying over the loss of their loved ones?

However, that is exactly what these people want to do. They want to shut us up. They want to silence us, and we won't let them. We will never let them. Because there is power in unity, and I do believe that as much chaos and pain and senseless voiolence and terrorism that occurs around this world, not just in Paris, as much as that that does occur, there is more goodness in this world. We are here to prove it.

And I was gonna cancel my show tonight, but then I thought to myself, 'Why should I give that to them? Why should I allow them to stop me, and to stop us from enjoying freedom?' All of the places, where people were killed, were places where people having fun, people were enjoying themselves, eating in restaurants, dancing, singing, watching a soccer match.

These are freedoms that we take for granted, of course, and we must not. But they are freedoms that we deserve. We work hard, and we deserve to have fun. And there is no one in this world that should have the right to stop us from doing what we love.

Another important point that I wanna make is that, yes, there are people who have no respect for human life, and there are people that do atrocious, degrading and unforgivable things to human beings.

But we will never, ever, ever change this world that we live in if we do not change ourselves. If we do not change the way we treat one another on a daily basis. Yes, the way we change the world is not to elect another president, not to kill a hundred more people. The way we change the world is that we change the way we treat one another on a daily basis, in the simplest ways.

OK? We must start treating every human being with dignity and respect, and this is the only thing that will change the world. This is the only thing! Only love will change the world, but it's very hard to love unconditionally, and it's very hard to love that which we don't understand, or that which is different than we are, but we have to, or this will go on and on forever.

Now, before we do go on, I would like to have a moment of silence, where all of us just for one minute bow our heads in respect, and say a prayer for the victims that died last night in Paris, and for the family of those victims. Please a moment of silence.

(silence)

Thank you. So, anyone here, thank you. So, here's what I know how to do, and I hope you will all join me, and we will all sing this prayer together.

"Like A Prayer"


コンサート後,マドンナはインスタグラムに次のように投稿していました。

"Thank you Stockholm! Tonight's show was difficult but there was so much love in this arena it made me feel like we were turning darkness into light. And that is our jobs as human beings!"


2015/11/20

君たちに私の憎しみはあげない

パリでの同時テロ攻撃で,最愛の妻を失ったフランス人のアントワーヌ・レリスさん(35歳)がフェイスブック上に掲載したメッセージが,世界中に共感の輪を広げています。
 
憎しみや怒りの連鎖を断ち切って見せることこそが,一市民として出来うる,テロリストに屈しないための最大の戦いであるという覚悟のメッセージです。

英語訳は,「英インディペンデント紙(こちら)」から,日本語訳は,朝日新聞(こちら)」と「毎日新聞(こちら)」からのものです。
 
 
"Vous n'aurez pas ma haine"
「君たちに私の憎しみはあげない」
 
“Friday night, you took an exceptional life - the love of my life, the mother of my son - but you will not have my hatred.
 
金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。私の最愛の人であり、息子の母親だった。でも君たちを憎むつもりはない。(朝日)

金曜日の夜。君たちは特別な人の命を奪った。私の最愛の人であり、息子の母親だ。だが私は君たちを恨まない。(毎日)
 
I don't know who you are and I don't want to know, you are dead souls.
 
君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。君たちは死んだ魂だ。(朝日)

私は君たちが誰であるかを知らないし、知りたくもない。君たちは死した魂だ。(毎日)
 
If this God, for whom you kill blindly, made us in his image, every bullet in the body of my wife would have been one more wound in his heart.
 
君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは神の心の傷となっているだろう。(朝日)

君たちは、神の名において無差別な殺りくをした。もしその神が、自分に似せて私たちをつくったとすれば、私の妻の体に撃ち込まれた弾丸の一つ一つが、彼の心の傷になっただろう。(毎日)
 
So, no, I will not grant you the gift of my hatred.
 
だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。(朝日)

私は君たちに憎しみの贈り物をあげない。(毎日)
 
You're asking for it, but responding to hatred with anger is falling victim to the same ignorance that has made you what you are.

君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。(朝日)

君たちはそれを望んだのだろうが、怒りで憎しみに応えるのは、君たちと同じ無知に屈することになる。(毎日)
 
You want me to be scared, to view my countrymen with mistrust, to sacrifice my liberty for my security.

君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。(朝日)

君たちは私が恐れ、周囲に疑いの目を向けるのを望んでいるのだろう。安全のために自由を犠牲にすることを望んでいるのだろう。(毎日)
 
You lost.
 
だが君たちの負けだ。(私という)プレーヤーはまだここにいる。(朝日)

それなら、君たちの負けだ。私はこれまでと変わらない。(毎日)
 
I saw her this morning.

今朝、ついに妻と再会した。(朝日)

私は今朝、妻と再会した。(毎日)
 
Finally, after nights and days of waiting.

何日も待ち続けた末に。(朝日)

幾日も幾夜も待ち続けてやっと会えた。(毎日)
 
She was just as beautiful as when she left on Friday night, just as beautiful as when I fell hopelessly in love over 12 years ago.

彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。(朝日)

彼女は金曜日の夜、出かけた時のままだった。私が12年以上前、激しい恋に落ちた日と同じように美しかった。(毎日)
 
Of course I am devastated by this pain, I give you this little victory, but the pain will be short-lived.

もちろん悲しみに打ちのめされている。君たちの小さな勝利を認めよう。でもそれはごくわずかな時間だけだ。(朝日)

もちろん私は悲しみにうちひしがれている。君たちの小さな勝利を認めよう。だが、それも長くは続かない。(毎日)
 
I know that she will be with us every day and that we will find ourselves again in this paradise of free love to which you have no access.

妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。(朝日)

妻はこれからも、いつも私のそばにいて、私たちは、君たちが決して近づくことができない自由な魂の天国で一緒になる。(毎日)
 
We are just two, my son and me, but we are stronger than all the armies in the world.

私と息子は2人になった。でも世界中の軍隊よりも強い。(朝日)

私は息子と二人になった。だが私たちは世界の全ての軍隊よりも強い。(毎日)
 
I don't have any more time to devote to you, I have to join Melvil who is waking up from his nap.

そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければいけない。(朝日)

君たちにかまっている時間はもうない。昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければならない。(毎日)
 
He is barely 17-months-old.
 
彼は生後17カ月で、(朝日)

まだ1歳と5カ月になったばかりの彼は、(毎日)
 
He will eat his meals as usual, and then we are going to play as usual, and for his whole life this little boy will threaten you by being happy and free.

いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。(朝日)

いつもと同じようにおやつを食べ、私たちはいつもと同じように遊ぶ。この子の生涯が幸せで自由であることが、君たちを辱めるだろう。(毎日)
 
Because no, you will not have his hatred either.”

彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。(朝日)

君たちには彼の恨みですら、あげることはない。(毎日)


※朝日新聞 2015年11月20日01時18分更新
※毎日新聞 2015年11月20日15時11分更新

2015/11/19

Beaujolais Nouveau Released Today!

The third Thursday in November is the day Beaujolais Nouveau is released!



2015/11/15

pray for Paris

 
パリでの 恐ろしい テロ攻撃を受けて,
フランスとの連帯を示すために
フランス国旗の 青,白,赤色に照らされた
東京タワーです。
 
Tokyo Tower
lit up in the blue, white, red colors
of the French national flag
to show solidarity with France
in the wake of the 
awful, appalling, horrible,
dreadful, horrific, horrifying,
gruesome terrorist attacks
in Paris.
 
 

2015/11/07

酒田の会

 
ご縁があって,山形・酒田出身の人たちと,3年越しに叶った「酒田の会」。楽しくて楽しくて,時間があっという間に過ぎていきました。
 
河村瑞賢・西回り航路・「西の堺,東の酒田」・酒田大火・街の中心・偶然・大成ボウリング・総合レジャー施設・クーポン券・美容師・友だち・札幌・獣医・宝くじ・お正月