2013/01/16

英文法書の例文を音読しよう

浦和英語塾は,まだ走り始めたばかりなので,今のところ,通年,塾生を募集しています。春と秋には,turn over a new life! 気持ちを新たに生活を変えるチャンスでもあるので,ホームページやこのブログを通じて,多くの方に浦和英語塾のことについて知っていただくために,発信し続けていかなければと考えています。

さて,3月からの英語塾での推薦教材のひとつに,江川泰一郎著『英文法解説』(金子書房,1,700円+税)を加えることにしました。いくつかほかの本も候補に挙げていたのですが,例文が秀逸です。このブログでも何度か触れましたが,例文の音読教材として,また,日⇔英の瞬間英作文用の教材として活用例はかなり広がります。

塾生にとって「一生ものの大切な本」となるように,僕のほうも工夫していくつもりです。

《参考》の例文は色を変えるとアクセントがついて美しい ^^)!
 
英文法書の例文を音読して,英語の実力をつけたことでも知られる國弘正雄先生は,「英語の話し方」(サイマル出版会,1970,絶版)の中で,文法書の上手な使いかたとして次のように述べられています。
概して文法書にのせられている例文の多くは,われわれが英語の能力を身につけるうえに大いに有効です。というのは,これらの例文の大半は,なにか一つの重要なポイントをもった,いわば英語のエッセンスだからです。たた漫然と英語を多読するのも結構ですが,英語の精髄を含んだ短文を身につけることは,もっと有効かもしれません。とにかく一つ一つが一騎当千のつわものばかりなのですから。
そして,これらの例文を覚えるにあたっては,できるだけ朗読しましょう。(中略)とにかく声に出してくりかえし読んでほしいいのです。そうすれば英語のエッセンスが,自然とみなさんの体内に蓄積されていくにちがいありません。